フィッシング詐欺 - ウイルス以外の危険

ウイルス以外にもパソコンに悪さをするものがあり、ウイルスと別の対策が必要になる場合もあります。パソコン初心者の方に「フィッシング詐欺(ウイルス以外の危険・セキュリティ)」をお伝えします。

フィッシング詐欺とは?

フィッシング詐欺を現実社会に例えてお伝えします。

例:悪い銀行マン

「ピンポーン。いつもお世話になっております。○○銀行の者ですけど~」

ビシッとスーツを着て、○○銀行の名刺も持っています。

「今日は弊社に開設していただいている銀行口座について確認したいことがありますので、口座番号と暗証番号をこの書類に書いていただけますでしょうか?」

「銀行の営業マンが口座番号や暗証番号を聞くはずがない」という知識があれば、「この人は怪しい」と考えることができますが、人によっては本当に○○銀行の営業マンだと思って、書類を書いてしまう人もいるかもしれません。

パソコンにおけるフィッシング詐欺

パソコンでは、実在する銀行や金融機関を偽って「暗証番号変更願い」などのメールにホームページのアドレスが送られてきます。

開いたホームページは本物とそっくりのため、偽物だと気づくことができず、暗証番号などの個人情報を入力してしまいます。

巧妙にも偽物の電話サポートまで設置している場合もあります。

漏れてしまった銀行の口座番号や暗証番号からキャッシュカードが偽造されたり、クレジットカードの番号や有効期限で勝手に買い物をされてしまうことがあります。

フィッシング詐欺の対策

金融機関だけではなく、ショッピングで有名な楽天やYahooなど、有名企業のほとんど(全てと言っても過言ではありません)は、メールでIDやパスワード、暗証番号などを尋ねることはありません。

少しでも怪しいメール、特に個人情報を聞き出そうとするメールは無視して、メールに書かれているホームページのアドレスもクリックしないでください。

フィッシング詐欺を振り分ける機能がついているセキュリティ対策ソフトもありますが、全てを振り分けるのは不可能ため、自分で判断することが重要となってきます。

フィッシングの意味

フィッシング詐欺の「フィッシング」の英語表記は「phishing」です。

「fishing」(釣り)をハッカーたちが別の言い方に変えて、「phishing」になったと言われていたり、「sophisticated」(洗練された)と「fishing」(釣り)の合成語と言われています。

 

次ページは「ワンクリック詐欺(ウイルス以外の危険・セキュリティ)」です。

このページの先頭へ